女性

顔のたるみを排除しよう|年齢が出やすい場所

基礎化粧品選び

コスメ

良く肌の保湿には化粧水が必要と世間では言われ、女性の場合はほとんどが寝る前などに化粧水による保湿を行っています。最近では男性の中にも化粧水による保湿をする人が増えてきました。そもそも化粧水とは何なのでしょうか。化粧水とは肌を保湿したり整えたり滑らかにする性質を持っている液体です。しかし、その成分が肌のお子にまで浸透するわけではないというのが特徴の一つです。潤いはあくまで表面上だけのものなのです。本来の目的はあくまでも角質や肌の状態を整えて良くするためにあります。その為、その名前の通り化粧をする前に肌に塗っておくと、肌の状態が安定して化粧品のノリが良くなります。化粧水は色々な種類があり、効果もさまざまなのが特徴です。どれが合うかはその人の肌の性質に左右されます。

肌の状態を良くしてくれるのが化粧水の本来の役割ですが、使い方を間違えると逆に肌の状態が悪くなってしまいます。化粧水を使用する際の注意点をまとめてみました。まず、使用するときは記載された分量を守るようにします。あくまでも肌の表面の状態を整えるものなので、分量以上を顔に塗ったとしても効果はまったくありません。それどころか逆に肌の状態が悪くなってしまいます。また、表面にしか浸透しないという事実に関連することですが、化粧水をつける時に過度に肌を叩いたり、こすったりもしないように注意しましょう。叩くとスッキリしますが、あくまでも気持ちの問題で肌の保湿には何の効果もありません。逆に肌を傷つける結果になるので、使用の際は肌には優しく触れることを心がけましょう。